シミをできないようにするには、メラニン色素を増やさないってことも大事なのです。

あとは、メラニン色素が体外に排出されるペースを上げるという、この2つが大事なんです。

簡単にできる日焼け止めの方法としては、ちょこちょこと紫外線対策するしかありません。だから、メラニンを増やさないためには、できるだけ肌に紫外線を当てないことです。

これに尽きます。
紫外線対策は、一年中しなくちゃだめなんです。日傘、つば広帽子、サングラス、日焼け止めクリームなどなど簡単にできる紫外線対策をこまめにすることです。

とにかく素肌を直接紫外線に当たらないようにすることで、肌に当たる紫外線量は大幅に減ります。

ほかにも乾燥しないようにすることです。肌が乾燥した状態というのは、肌のバリア機能が低下しています。なので紫外線の影響をより受けやすくなります。

なので、しっかりと保湿することがかなり大事なんです。肌のバリア機能を向上させられますからね。

また、肌にとっては摩擦も良くありません。肌をごしごししてしまうとメラニンを生成する働きのある細胞を刺激してしまうので、メラニンができやすいんです。

ごしごししないで、洗顔のときは、やさしく洗うことです。そして、洗顔後は、すぐに化粧水とかでしっかりと保湿をすることがポイントになります。

つぎに、ふだんの生活も見直した方がいいかもしれません。

まず、無理のない有酸素運動をすることです。別に特別なトレーニングは必要ないのですが、駅で階段を使うとか、オフィスでも2階分までは階段を使うとか、ひと駅分歩くとかなどで運動を習慣化するといいよです。

運動で身体があたたまるので血行促進、代謝アップにつながらい、正常なターンオーバーに回復し、メラニン色素排出アップにもつながります。

それとつい見落としがちなのが、睡眠です。やはり質の良い睡眠は大事です。

睡眠時間よりも、いかに朝すっきり目覚められるかの方が大事です。

肌のターンオーバーを促進する成長ホルモンは、睡眠と関係していて、ノンレム睡眠のときに多く分泌されます。

また、就寝する時間も午後10時~午前2時の間にとるようにしましょう。

こんな感じでシミ対策が、できるみたいです。