美白系のコスメとかでよく見かける成分に、美白成分ハイドロキノンというがのあります。
それでこのハイドロキノンってどんなものなのだろうと思い、いろいろと調べてみました。
まず、ハイドロキノンというのは、今、美白系化粧品においては、もっとも優れた効果が期待できる美白成分だということでした。

たぶん、いろいろな口コミを見ていくと、美白の効果を実感できるという点で、ナンバーワンに近い存在ではないかと思いました。

とはいえ、メリットも有ればデメリットや副作用が指摘されている部分もあり、はっきりいって評価が分かれているようでした。

そもそも、ハイドロキノンというのは、強力な美白効果があり、要するに今現在、できてしまったシミを薄くしてくれる還元作用があります。

いわゆる美白化粧品で謳われている「美白効果」というのは、メラニン色素の生成を抑制し、シミやくすみを防止してくれる効果を言います。たぶんですが。。。

あくまでも予防ですから、すでにできてしまったシミやくすみ、目立つような濃いシミを薄くしてくれる改善力というか効果はほとんど期待できないのが実情です。

おそらくですが、一目瞭然的にシミが目立ってくるような40代以降の年代には、シミを薄くするような美白ケアとしては、とうてい満足のいくものではないことが往々にしてあるわけです。

30代はぎりぎりなんとかなるようですけどね。

一方、ハイドロキノンというのは、すでに酸化し茶褐色になっったメラニンを還元し薄くするという効果が期待できるために、濃いシミが薄くなる、目立たなくなることも大いに期待できるというわけです。

つまり、これこそがハイドロキノンが美白成分として優れているという点なんです。

ただ、気になるのは、効果が強い分、肌への負担や副作用があるのでは?ということです。
実際、ハイドロキノンは、肌への負担が大きい故に、副作用として肌への刺激が強く、人によっては肌荒れなどの引き起こしてしまうリスクもあるみたいです。

また、美白効果が強すぎるために、一部分の肌だけが白くなる白斑になることも可能性としてあるようです。

ハイドロキノンにこういったリスクある最大の理由は、その濃度にあるようです。

なので、自分の肌に合った濃度のものを使うことがカギとなります。

とはいえ、どれくらいのハイドロキノンの濃度が自分の肌に合うのかを試すのは、けっこう大変です。

そんな場合におすすめなのが、低刺激の新安定型ハイドロキノン成分が配合されている美白化粧品です。

通常のハイドロキノン配合の美白コスメよりも効果という点では、やや劣るものの、低刺激で浸透力も高いので、敏感肌とかの方でも安心して使えそうです。

なので、ハイドロキノン成分の美白コスメを使ってみたい方で、肌への負担などが気になる場合は、低刺激の新安定型ハイドロキノン成分の美白化粧品を検討してみるのもいいかなと思いました。