「未分類」の記事一覧

美白成分のハイドロキノンってどんな効果があるの?

未分類

美白系のコスメとかでよく見かける成分に、美白成分ハイドロキノンというがのあります。
それでこのハイドロキノンってどんなものなのだろうと思い、いろいろと調べてみました。
まず、ハイドロキノンというのは、今、美白系化粧品においては、もっとも優れた効果が期待できる美白成分だということでした。

たぶん、いろいろな口コミを見ていくと、美白の効果を実感できるという点で、ナンバーワンに近い存在ではないかと思いました。

とはいえ、メリットも有ればデメリットや副作用が指摘されている部分もあり、はっきりいって評価が分かれているようでした。

そもそも、ハイドロキノンというのは、強力な美白効果があり、要するに今現在、できてしまったシミを薄くしてくれる還元作用があります。

いわゆる美白化粧品で謳われている「美白効果」というのは、メラニン色素の生成を抑制し、シミやくすみを防止してくれる効果を言います。たぶんですが。。。

あくまでも予防ですから、すでにできてしまったシミやくすみ、目立つような濃いシミを薄くしてくれる改善力というか効果はほとんど期待できないのが実情です。

おそらくですが、一目瞭然的にシミが目立ってくるような40代以降の年代には、シミを薄くするような美白ケアとしては、とうてい満足のいくものではないことが往々にしてあるわけです。

30代はぎりぎりなんとかなるようですけどね。

一方、ハイドロキノンというのは、すでに酸化し茶褐色になっったメラニンを還元し薄くするという効果が期待できるために、濃いシミが薄くなる、目立たなくなることも大いに期待できるというわけです。

つまり、これこそがハイドロキノンが美白成分として優れているという点なんです。

ただ、気になるのは、効果が強い分、肌への負担や副作用があるのでは?ということです。
実際、ハイドロキノンは、肌への負担が大きい故に、副作用として肌への刺激が強く、人によっては肌荒れなどの引き起こしてしまうリスクもあるみたいです。

また、美白効果が強すぎるために、一部分の肌だけが白くなる白斑になることも可能性としてあるようです。

ハイドロキノンにこういったリスクある最大の理由は、その濃度にあるようです。

なので、自分の肌に合った濃度のものを使うことがカギとなります。

とはいえ、どれくらいのハイドロキノンの濃度が自分の肌に合うのかを試すのは、けっこう大変です。

そんな場合におすすめなのが、低刺激の新安定型ハイドロキノン成分が配合されている美白化粧品です。

通常のハイドロキノン配合の美白コスメよりも効果という点では、やや劣るものの、低刺激で浸透力も高いので、敏感肌とかの方でも安心して使えそうです。

なので、ハイドロキノン成分の美白コスメを使ってみたい方で、肌への負担などが気になる場合は、低刺激の新安定型ハイドロキノン成分の美白化粧品を検討してみるのもいいかなと思いました。

美白になる方法を考えてみました。

未分類

知り合いで、いつもすべすべで美白の人がいるんです。やっぱり同じ女性として憧れてしまって。

それで、私も同じくらいに美白なるにはどうしたらいいのかってことで調べてみました。

まず、ちょっと信じられないんですけど、知り合いの美容部員に聞いたら、毎日のケアで肌は白くなりますって言われて(*_*)

たとえば日焼けしちゃったけど、白くなりたいとかあると思うし。。。

それにたとえ地黒でも白くなれるとか!

肌が黒くなるのは、いちばんは紫外線です。紫外線を浴び、肌の奥の基底層にあるメラノサイトが活発化して、メラニンを生成します。

メラニンは本来紫外線から皮膚をガードする役割があるのですが、紫外線を大量に浴びてしまうとメラニンがたくさん生成され、肌が黒く見えてしまうのです。

また、地黒の場合は、遺伝とかでメラニンの色素量が多いということもあるようです。メラニン色素量が少なければ、色白に見えます。

また、肌がくすんでいるために黒ずんでいるように見えることもあります。
血行が良くないというのも影響してしまいます。

そこで、肌を白くするには、簡単に言えば、紫外線からのダメージを最小限にすることです。
また、顔だけ日焼け止めをするのではなく、体全体が白い方が見る人に対し、肌が白いという印象を与えやすいのです。

化粧品を使う場合は、当然ですが、美白成分の含まれる美白化粧品やクリームが有効です。肌を明るい印象にするには、シミやくすみを防ぐ化粧水や美白クリームを使うのがおすすめです。

古い角質を除去するのもいいのですが、その場合、ピーリングなどがいいようです。ピーリングは肌の代謝アップになり、肌本来の白さを取り戻せるようになるようですから。

それと私の友達がやっていたようですが、ヨーグルトパックがいいようです。肌の新陳代謝が活発になるそうで、美白にいいといってました。

というのは、ヨーグルトに含まれるフルーツ酸には、古い角質層を除去してくれる作用があるため、肌を明るくしてくれる働きがあるのです。また、ヨーグルトに含まれる乳清は肌の保湿をキープしてくれるので、乾燥でくすみがちになることを防いでくれたりします。また、ビタミンB群は肌のターンオーバーを促進する働きがあるためなんです。

シミをできにくくするには?

未分類

シミをできないようにするには、メラニン色素を増やさないってことも大事なのです。

あとは、メラニン色素が体外に排出されるペースを上げるという、この2つが大事なんです。

簡単にできる日焼け止めの方法としては、ちょこちょこと紫外線対策するしかありません。だから、メラニンを増やさないためには、できるだけ肌に紫外線を当てないことです。

これに尽きます。
紫外線対策は、一年中しなくちゃだめなんです。日傘、つば広帽子、サングラス、日焼け止めクリームなどなど簡単にできる紫外線対策をこまめにすることです。

とにかく素肌を直接紫外線に当たらないようにすることで、肌に当たる紫外線量は大幅に減ります。

ほかにも乾燥しないようにすることです。肌が乾燥した状態というのは、肌のバリア機能が低下しています。なので紫外線の影響をより受けやすくなります。

なので、しっかりと保湿することがかなり大事なんです。肌のバリア機能を向上させられますからね。

また、肌にとっては摩擦も良くありません。肌をごしごししてしまうとメラニンを生成する働きのある細胞を刺激してしまうので、メラニンができやすいんです。

ごしごししないで、洗顔のときは、やさしく洗うことです。そして、洗顔後は、すぐに化粧水とかでしっかりと保湿をすることがポイントになります。

つぎに、ふだんの生活も見直した方がいいかもしれません。

まず、無理のない有酸素運動をすることです。別に特別なトレーニングは必要ないのですが、駅で階段を使うとか、オフィスでも2階分までは階段を使うとか、ひと駅分歩くとかなどで運動を習慣化するといいよです。

運動で身体があたたまるので血行促進、代謝アップにつながらい、正常なターンオーバーに回復し、メラニン色素排出アップにもつながります。

それとつい見落としがちなのが、睡眠です。やはり質の良い睡眠は大事です。

睡眠時間よりも、いかに朝すっきり目覚められるかの方が大事です。

肌のターンオーバーを促進する成長ホルモンは、睡眠と関係していて、ノンレム睡眠のときに多く分泌されます。

また、就寝する時間も午後10時~午前2時の間にとるようにしましょう。

こんな感じでシミ対策が、できるみたいです。

ショック!シミができていた(;_:)

未分類

ヨシエです。

先日、ついに私にもシミができてしまったんです。お風呂で鏡を見たら、頬にシミが!

もう何度もゴシゴシ洗顔したんですが、やっぱりシミでした。

毎日、しっかりと洗顔していたのに、どうしてっていう気持ちでしたが、紛れもなくシミでした。

私は割と色が白いタイプなので、なおさらシミが目立つんですよね。

そこで、シミとはってことで、自分なりにシミができた原因とか対策について、調べてみたんです。

今更ですが、若いうちにからシミに対する意識を持つべきだったかなと思いましたが、どうしようもありません。

まず、シミができる原因についてですが、シミと一言で言っても、いくつか種類があって、「雀卵斑」「炎症後色素沈着」「肝斑」「日光黒子」という4種類もありました。

それぞれどういうものかというと、雀卵斑は、スズメの卵ということでソバカスです。
主な原因は、遺伝だそうです。

炎症後色素沈着というのは、一時的にできるシミで、たとえばニキビやかぶれといったことが原因でできるシミなんですが、炎症っぽいものです。

また、肝斑は女性ホルモンの乱れからできるシミです。妊娠したりとかホルモンのバランスが乱れることでできやすいんだそうです。

で、最後に日光黒子なんですが、これがいわゆるシミです。

私もできたシミです。
原因は、やはり、紫外線です。紫外線の刺激でメラニンが生成され、肌のターンオーバーとかが乱れたりして、メラニンが蓄積されてしまうことで肌の外側にでてしまいシミになってしまうということです。

メラニンってなんか悪者に思われるかもしれませんが、実はメラニン自体は肌の細胞を紫外線から守るものなんです。

通常は、メラニンは肌の表皮細胞の中にあり、肌のてターンオーバーにより、角質として体外へと剥がれ落ちていくのです。

が、ターンオーバーのサイクルが乱れてしまうと、外に排出されるはずのメラニンが、蓄積したままになってしまうというわけなんです。

これがシミなんです。

ページの先頭へ